LOMOでぶらぶらよかろうもん

にわか写真家のさと太郎が、ロシア製カメラLOMOを片手にぶ~らぶら。さて何が撮れます事やら・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホルガでもよかろうもん

先日チラっと話題に出たホルガ、実はロモより前から使っていたりします。
ロモで嬉し恥かし初体験などと言っていたのは嘘だったのか!と突っ込みたくなる方いるかもしれません。
まぁそこはそれあれはあれ、ロモでぶらぶらなどというタイトルを付けてしまった以上仕方の無い事だったんです。分かってやってください。
ホルガをメインに据えてしまうとホルガまくらねばならないわけで、そうすると高いフィルム代と現像代でホルガ破産に・・・

ロモ写真の方が2本目まで終了したので、ちょっと気分を変えてホルガ行って見たいと思います。

holga01_001s.jpg

ホルガで撮った最初の一枚。四角い写真てのがなんだか新鮮です。
周辺光量の落ち具合といい、周辺ボケっぷりといい、いかにもホルガらしい写り。下の方になにやら白いのが写りこんでますが、どこからか光もれしたんでしょうねぇ。
高級なフィルムを要求するくせに作りはとってもチャチなホルガ。テープで隙間を塞いだり、内部反射対策をしたり手を加えないと綺麗に写らない(やってもたかがしれてますが)なんて日本製ではあり得ないアバウトさがステキです。
ちなみにこの時はフィルムカウンターの窓をテープで塞いだだけで他はなにも対策していません。

holga01_002s.jpg

これ昔流行りましたよね。でも私は買ってもらえなかったので指をくわえて見るだけでした・・・
私のホルガはプラレンズの為それ程シャープな写りではないんですが、ブローニーというでかいフィルムのおかげか、ロモよりも高解像度な感じがいたします。プリントで見るともっと分かりやすいです。

holga01_003s.jpg

こんなので本当にちゃんと写るのか?と不安いっぱいで挑みましたが予想以上の写りにかなり感動してしまいました。
この感動がこうやって写真にはまるきっかけとなった事は間違いありませんね。
ロモをお使いの方もぜひ一度ホルガ体験されてみてはいかがでしょうか。
色々と面倒な事も多いですがロモとは違った感動を味わえる事間違いなしですよ

[HOLGA 120N , Kodak PORTRA 400VC]
スポンサーサイト
  1. 2005/07/19(火) 23:49:37|
  2. HOLGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初アガート出来ました | ホーム | 微妙に夏風邪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lomobura.blog14.fc2.com/tb.php/19-a7e4aa84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さと太郎

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。